新着情報

新着情報 イメージ

お知らせ

横浜カントリークラブ 感染症予防対策 顔認識AI 体温検知製品を導入

顔認識AI 発熱検知イメージ
原田物産株式会社と株式会社データスコープ(英名:DataScope,Inc.本社:東京都中央区、代表取締役内田次郎。以下、Dスコープ)が共同で提供する感染症予防対策・顔認識AI 発熱検知製品が、60年の歴史を誇り日本オープンゴルフ選手権競技をはじめ様々な公式競技の舞台となった横浜カントリークラブに導入されたことをお知らせします。

ゴルフ場、スポーツジム、スポーツ競技会場、劇場、学校、幼稚園など人が多く集まる施設における感染リスク低減のための安全対策用製品として発熱検知カメラの果たす役割は大きく、緊急事態宣言解除後の運営再開に寄与すると同時に顔認識機能の活用で運営省力化を実現します。

弊社は引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援して参ります。

> 株式会社データスコープ 顔認識AI 体温検知シリーズ

株式会社TBSテレビ 顔認識AI 発熱検知バレット型カメラに… 夏季休暇のお知らせ