PF-Mini-Vision 建物・インフラ点検ドローン

非GPS環境での高精度自己位置・方角判定機能を実装
狭い場所での点検・撮影に最適なミニサイズドローン

プロペラ回転範囲を含めた全長520mmのPF-Miniをベース機体に、画像解析に基いた自己位置推定技術「Visual SLAM」を実装。橋梁下や室内などGPS・GNSSデータが取得できない環境においても自律飛行が可能です。
室内、トンネルなど、狭い空間での建物・インフラ点検に最適な、小型高性能ドローンです。

メーカー 株式会社自律制御システム研究所[ACSL]
メーカー型番 PF-Mini-Vision
この製品についてお問い合わせ

スペック比較

スペック比較表が画面からはみ出している部分は横スクロールでご覧いただけます。

  PF-Mini-Vision 建物・インフラ点検ドローン PF-Mini-GPS 撮影・建物・インフラ点検ドローン
  PF-Mini-Vision 建物・インフラ点検ドローン PF-Mini-GPS 撮影・建物・インフラ点検ドローン
全長(プロペラ範囲) 520mm 520mm
高さ 220mm 220mm
重量(バッテリ1本含む) 2.4kg 2.4kg
プロポ 2.4GHz 2.4GHz
データリンク 920MHz 920MHz
オートパイロット ACSL AP3 ACSL AP3
飛行速度(完全自律飛行時) 水平:2m/s  上昇下降:2m/s 水平:10m/s  上昇下降:2m/s
高度 150m(航空法上限) 150m(航空法上限)
バッテリ容量 5,100mAh ×1 5,100mAh ×1
バッテリ公称電圧 22.2V 22.2V
バッテリタイプ LiPo 65 LiPo 65

画像処理技術を使用した自己位置・方角推定

一般的な自律飛行可能ドローンは、GPS・GNSS、気圧センサ、電子コンパスで自己位置を推定しています。
ドローンを用いて点検作業を行う対象には、橋梁やトンネル、室内等、これらのセンサーが使用できない環境が多く存在します。
PF-Mini-Visionでは、ACSL独自開発のVisual SLAM技術を実装。これまで自律飛行できなかった環境での飛行を実現しました。
画像処理技術はAI(人工知能)との親和性が高く、今後求められるあらゆるニーズに対応が可能です。
ジンバルに搭載した2,000万画素、光学30倍ズームのカメラにより、高精細な画像も撮影可能です。

非GPS環境の例

非GPS環境の例 イメージ

搭載カメラ

搭載カメラ イメージ

Visual SLAMのイメージ

Visual SLAMのイメージ

消耗品・関連製品