緊急災害時用テント 隔離タイプ DAT3015-IS

外部との隔離を考えたエアロックを装備。
FSI社の緊急災害時用テント「隔離タイプ DAT3015-IS」

形態や設置方法も多様なFSI社の高性能テントシリーズ隔離タイプ、床面積13.9m²。
標準タイプDATシリーズをベースに、外部との隔離を考えたエアロックを装備。災害時や大規模事故現場、火災現場などで、緊急の医療施設として高い能力を発揮することができます。

メーカー FSI North America ®
メーカー型番 DAT3015-IS
この製品についてお問い合わせ

スペック比較

スペック比較表が画面からはみ出している部分は横スクロールでご覧いただけます。

モデルNo.奥行き高さ床面積(m²)重量(kg)
DAT3030-IS3.05m3.05m2.44m9.363
DAT3015-IS3.05m4.57m2.44m13.995
DAT3060-IS3.05m6.1m2.74m18.6113
DAT4070-IS3.96m7.01m2.74m27.8131
DAT5672-IS5.49m7.32m2.74m40.2204
DAT6000-IS6.1m9.14m2.74m55.8267
DAT6012-IS6.1m12.2m3.35m74.4331
DAT7500-IS7.32m12.2m3.35m89.3429

多彩なサイズ

「DAT3015-IS」のサイズは、幅3.05m×奥行き4.57m×高さ2.44m、床面積は13.9m²。総重量は95kgです。
DAT-ISシリーズは9.3m²から89.3m²まで8タイプのサイズを用意。そのうえ、別売オプションを活用することで、別のタイプのテントを複数連結することもでき、活動規模に合わせた柔軟な運用に応えます。

使用例

隔離タイプDAT-ISシリーズは、FSI社の緊急災害時用テントDATシリーズをベースに、エアロックを装備。これによって外部との隔離が可能なシリーズです。他のテントや除染シャワーなどのユニットとフルジッパー接続することによって拡張もでき、緊急用の病棟、待合室、ナースステーションといった総合的な医療施設として機能します。

特徴

マジックテープを用いた2枚の扉により、外部との隔離ができ、エアダクトを装備しているため、外部との通気も確保可能です。

キャノピー(天蓋)の生地にはUV加工だけでなく、難燃加工、耐薬品性処理を施してあり、高い品質を誇ります。また、清掃や補修を考え、取り外し可能な構造です。
空気圧を利用したインフレータブル構造のフレームを採用。電動コンプレッサー(P-EID/P-EID-HD)も付属し、設営時間がとても短いのが特徴です。また、圧縮ボンベ用のホースとF-SCBAF-H高圧カプラを利用することで、SCBAボンベをはじめとする圧縮空気による設営もできます。
フレーム部分はレスキュー用インフレータブルボートと同じ非常に強度の高い素材を4重にすることで、さまざまな環境や状況下で使用ができます。 内部に仕切りを設けることで、プライバシーの保護も可能です。

緊急災害時用テント 隔離タイプ イメージ 緊急災害時用テント 隔離タイプ イメージ

豊富なオプション

FSI、F-HAS、HEPA、F-MAP、3002コールドプラズマイオン濾過システムといった各種の空気濾過システムをはじめ、空気清浄と熱/紫外線/オゾンによる殺菌を組み合わせた汚染除去コンビネーションシステム(F-HC-7400、F-MAT3TまたはF-EMAT5T)を使用することが可能です。